3日目も、朝からジョギングに。
朝食はビュッフェで。今回は忘れずに写真撮りました(^^)

その後、前日に頼んでいた龍井茶の故郷を巡るオプショナルツアーに。
しかし前日、このオプショナルツアーを頼んだときに空港→ホテルの時に着いてくれたガイドさんに、連絡してオプショナルツアーを頼んだんですけど(現地でもらったツアーパンフにガイドに依頼するように書いてあった)、最初はいきなり中国語で応対され、名前をいっても「?」って感じで、ホテル名やツアー客であることを伝えてようやく日本語になって、意思の疎通が出来るように。
龍井茶のツアーに行きたいっていっても、「紙で渡したオプショナルツアーは内容を知らないので、会社に電話してきいてみます」って・・・・不安です。
その後しばらくして電話がかかってきて、「龍井茶のツアーあります」って、なかったら困るよ(¨;)
「別のガイドが担当するので、その彼から電話あります。今日か明日」、おいおいおい明日行きたいんだってば・・・不安さらに大(¨;)(¨;)(¨;)
で、無事に前日連絡が取れ、3日目の朝ロビーで・・・・・・
まてどくらせど、ガイド風の人はいない、、、、ロビーには2組客がいるだけ。
と、突然携帯が鳴って、遅れるのかな? と思って電話を受けると、なんと客だと思っていたロビーにいた人がガイドだったよう。
おいおい、座って運転手と談笑してたらガイドだなんて思わないし、ソファーに座ってるからその背中のロゴがみえないだろ。
と、心の名かでつっこみを。
でも、初日のガイドさんも、今回のガイドさんもすっごくいい人で良かったんですが、なんだかこういうのは国民性なんですかね。
いろいろと日本人にとっては、不安いっぱいです。
杭州では、ホントに日本語はもちろん英語もホテルから出るとほとんど通じないので、龍井茶の村まで行くのはガイド必須ですからね。
で、先ずはお茶の博物館「中国茶葉博物館」に、ガイドさんめっちゃ詳しくて歴史も含めいろいろと丁寧に説明してくれました。
ホントにいい人なんですけどね(笑


中国茶葉博物館入り口と、

その周りに広がる茶畑。

そしてお茶の実演、龍井茶とウーロン茶、一葉茶と3種類実際に飲む事が出来ました。

お茶を飲んだ後、自動的にお茶のおみやげ売り場に(^_^;)
いっぱい買って帰りました。お店の人とガイドさんが驚くほど。
でも、ここでお土産は全部買うと決めていたんで。
その後、またゆるゆるな会話が。
ガイドさんの一言、「どっか行きたいところありますか?」って・・・(・o・)
えーっと、オプショナルだし時間とか行くところ決まってるんじゃないですか?、と思いつつでもラッキーってな感じで。
客は自分らしかいないんで、サービス?とかいろいろ考えて、1)龍井村の茶畑みたい、2)起源になってる井戸みたい、と2つリクエストを。
茶畑は龍井村を車で回って社内から観光。
その後、井戸はむっちゃ楽しめました(^^)

なんだか、博物館行って終わりだと思ってたのに、予定時間オーバーしてるのにいろいろ連れて行ってもらえて楽しめました。
それと車内でも、いろんな話をしてもらって楽しかったですね。
中国のゆるゆるサービス不安もあるけど、場合によっては楽しめます!

午後は、現地でもらった地図に載ってたレストランに・・・・・・
道に迷いました(>_< )
植物園の入り口付近にあるレストランなんですが(名前忘れた)、植物園にすらたどり着けず、またまた暑い中をふらふらしながら歩き回り、なんとか息も絶え絶えたどり着きました。


お店の名前は忘れました。
ホントは山外山ってレストランを探していたのだが、道に迷い見つけられませんでした(笑

ここでも、くらげの前菜を頼み、


酸っぱくて、酸っぱくて、自分的に失敗(>_< )

他に~~と思ってメニューを見るが、中国語の料理名と素材だけ英語で誤植の多すぎるメニューと10分ほど格闘して、KO負け。
とりあえず雰囲気で頼みました。
結果は、まぁ満足です。。。。

よく分からない、麺類だと思って注文したもの。


美味しかったです。
でも、なんだかよく分からないものでした、中華の麺類というよりは、形状的にはパスタ?
エビがのってたり雰囲気・味的にはカップヌードル(笑

ご飯類だと思って注文した物、

来たのはどうみても、食べてもスープ、米のかけらもなかったです(笑

野菜はちゃんと野菜でした(笑

今回の昼食は昨日に比べれば満足でした。

その後、ホテルに戻り一休みしてから、メインの日蝕を見る場所のリサーチに。
フロントでベストな観察場所(宿泊したのは東館で、日蝕は西館の屋上が良いとのこと)を聞いて、そこの下見をし、その後ホテルの売店を除いて、夕食にまた楼外楼に。

中華はものすごくメニューの量が豊富で、しかも楼外楼はさらに多いような気がしました。
今回は西湖ビールと前菜、メインにおこげのあんかけ、桂魚蒸し、最後に麺を頼みました。


西湖ビール、


前菜、


楼外楼オススメのおこげのあんかけ(でも自分的にはあんが甘酢で、ちょい苦手でした)、


前日とは違うラーメン、こっちのが美味しかったです。


桂魚蒸しです。実はお店的なオススメは桂魚焼きの甘酢あんかけらしいのですが、甘酢が苦手なので、蒸し料理にしてもらいました。

桂魚蒸しが特にびくりするほど大きくて、メニューにも500gと書いて有りましたが、500g以上ありそうな感じ。
量的にはちょうど良かったです・・・・

最後締めくくりに、

龍井茶を。

しかし、本当は食べたかった鳩の唐揚げが品切れで残念でした。
次回リベンジ!(次回あるのか?)

2件のコメント »

  1. ガイドさんも大陸の国民だからおおらかなんですね。
    しかし、
    あなたがそんなに“くらげの前菜”が好きだとは知りませんでした。
    今度、中華を食べに行った時は、全部あげまーす(笑)。
    それにしても、・・・結構、いいなー、中国。
    イメージと全然違います。
    かなり心惹かれてきました。

    コメント by wtvのami — 2009/07/31 金曜日 @ 15:44:14

  2. 酸っぱくないクラゲの冷菜でお願いします(笑

    コメント by jescio — 2009/07/31 金曜日 @ 18:07:13

TrackBack http://www.jescio.com/wp-trackback.php?p=179

コメントをどうぞ

Calendar

2019年5月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

menu

Categories

Archives
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes