珍しく、邦画で。
君は僕をスキになる」。

とってもバブリーな時期に制作・公開された作品。
制作陣やキャストをみても分かります。
企画は秋元康、脚本は野島伸司、主演は斉藤由貴、山田邦子、大江千里、加藤昌也、テーマソングは山下達郎のクリスマスイブ。
完璧です(笑

で、もともと邦画はあんまり興味なかったんですが、実は大江千里の大ファンだったので、最初はしょうがなく当時レンタルビデオで借りて観ました。
そうしたら、けっこう面白かったんですよ。

バブリーな広告代理店に勤める加藤昌也と大江千里。モテモテという設定です。
同じ会社に勤める山田邦子は加藤昌也が好きだけど、可愛くない自分では無理と感じている。あるきっかけで加藤昌也と接近する、その時友人の斉藤由貴と加藤昌也がご対面。
加藤昌也は斉藤由貴が好きになる・・・最後は加藤と斉藤由貴、山田邦子と大江千里がくっついてハッピーエンドというストーリー。

ちゃんと笑えるし、最後はけっこう良い感じだし。
中でも斉藤由貴、イイです!  山田邦子の演技はダメダメです(T_T)

山下達郎のクリスマスイブを聞きながら、斉藤由貴イイ!と思いたい人にお勧めです。

山田邦子の下手な演技に耐えられれば、楽しめること間違いナシです(^_^;

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

人気ブログランキングへ

1件のコメント »

  1. “めぐり会えたら”といい、この作品といい、
    恋をしたくなりますね~。
    『最近、胸キュンしてないなぁ~』(タメ息)。

    「らしくなーい。」と、言われそう(笑)。

    でも、秋ですからね。
    加藤昌也よりは、トム・ハンクスタイプの男性とデートしたいわん。
    って、日本人じゃないし(汗)。

    コメント by wtvのami — 2009/09/29 火曜日 @ 09:58:09

TrackBack http://www.jescio.com/wp-trackback.php?p=515

コメントをどうぞ

Calendar

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

menu

Categories

Archives
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes